実例紹介
Actual example


こちらでは実際にあった案件を掲載しております。

行政書士 加藤真吾事務所

Case1 成年後見利用支援
独居で浪費癖のある高齢者で賃貸アパートの家賃も滞納、電気も止められている状況だった。
身寄りが全く存在しない為に地域包括支援センター、及び行政とも連携し市町村申立で成年後見を利用し資産管理と契約行為を支援し浪費を防ぐと共に グループホーム入居を斡旋、家賃滞納日を分割支払いで完済し収支を立て直す予定である。

その他 身寄りの無くご自身で金銭管理や契約が出来ない例 多数
Case2 身元保証サポート
施設入所者で身寄りが居なく止む無く介護職員が連帯保証人となっており不適切な事例となっていた。
身元保証サポートすることにより本人、 介護職員共に安心して生活出来る様になった。
Case3 身元保証・生活支援サポート
ご本人と身元保証サポート契約をしていたが入退院が多くその度に病院から呼ばれる妹さんが疲弊しきっていた。
本人との契約に加え妹さんと生活支援サポート契約を結ぶことによっていつ入院となり、病院から呼び出される不安な気持ちを 解消出来て安心して生活出来る様になった。